キャノンデールの宅配買い取り

愛車『キャノンデール』の宅配買取!大阪でも利用したい買取業者

参考→http://good-service.co.jp/

大阪で乗っていたキャノンデールのマウンテンバイク。はじめて乗るちゃんとした自転車だが、悩んだ末に選んだのがキャノンデールだった。良く知らなかったので、ブランドと見た目で決めた。これまで毎日の通勤でお世話になっていた。

下道でも問題なく走ってくれて快適ではあったが、慣れてくると欲というか、もっと良い物が欲しくなり手放すことにした。キャノンデールは定価で8万ほどだったと思う。次はもっと良い物に乗りたいと思い、資金を溜めて、ようやく時期が来た。

同時に自転車をどう処分したらいいのかが分からなかった。毎日、とは言えないが、週に一回はメンテナンスをして可愛がってきた愛車でもある。購入額はマウンテンバイクとしては低い方だが私にとってはそれ以上の価値がある。できれば私のように「はじめて」の人に乗ってもらいたいという思いもある。買取り価格は低くとも構わない。それよりも大切に乗ってくれる人に乗って欲しい。

某大手のオークションに出品しようとおも考えたが、それよりもプロに任せて、しっかりとしたメンテナンスを受けて欲しいという思いもあった。私も独学でメンテナンスをやってきたが詳しい調整は全て自転車の販売店でやってもらっていた。

その店で次の自転車を頼んだが、処分について相談したところ、宅配買取なるものがあることを教えてもらった。そこの店で引き取ってもらえれば良いのだが、残念ながら買取りはしていない。無償で引き取ってもらっても良かったのだが、店員に「なんでも経験ですよ」と勧められ帰ってからネットで検索した。

探してみれば結構あるもので、大阪に限らず、関東の買い取り業者にもメールを送ってみた。元値が安いということもあり断られたりもしたが、買取を希望してくれたところもいくつかある。そのなかで良心的だったA社に決めた。

決め手はズバリ、買取価格だ。私の場合は会社まで3キロ程度しかなく、メンテナンス法を学ぶために月に一回は自転車の販売店に通っていた。そういった事情を話したら、最高で定価の20%ほどで買取ってもらえることになった。大切に乗ってもらいたいと言っていたのに結局は金かと言われそうだが、否定はしない。だが、買取りの相談をしたときの対応の良し悪しや知識などでも選んだ。配送する前の事前審査で電話をして話した印象で決めた。

結果的にはじめの一社で決めたわけだが、宅配で送り、実際に自転車を見て本格的な査定をしてもらうわけだ。結果が出てから買い取り価格を聞いて断っても良いらしい。値段と折り合いがつかずに、返却することもあるという。そういった何気ない会話の中に含まれている知識の豊富さや人柄が決め手ともいえる。

安心して任せられると思えたし、お金ももらえた。言うことなしで、後は次なる自転車の納車日を待つばかりだ。これから自転車を売ろうとしている者がいたら宅配買取を検討してみるのも一つではないかと思う。