長崎にコルナゴはあわず宅配で手放した

仕方なく宅配で手放した!長崎の道は愛車のコルナゴでも不可能

私が自転車を手放すきっかけとなったのは、兵庫から長崎への転勤です。長崎は自転車乗りにはなかなかに厳しい場所でした。元いた兵庫は山が多くありましたが、それなりに楽しめました。しかし、長崎は兵庫の山とは違い、階段が多い。街にしても観光地だからというのもあるのでしょうが自転車に乗りにくいところです。

長崎でも自転車で通っている人はいます。それは近くに住まう人の話しですね。道も狭く、路面電車が中央をはしり、歩道も観光客が多くいます。そのような状況ですから、街中では極少数です。まあ郊外であれば話しは別ですが…情緒があって楽しいところですが自転車は不向きですね。

何度か観光で来たことがあったので薄々感じてはいました。やはりというべきか兵庫で乗っていたときのようにロードバイクで快適に走ることはできません。

そういった事情でコルナゴ『カーボニッシモ』を手放すことになりました。手放す必要はありませんでしたが、個人的な理由ですね。長崎に定住しようと思ったからです。確かに自転車には乗りにくくはありますが、それ以上に長崎に魅了されてしまったというところです。自転車乗りからしたら裏切り者?

それでも構いません。兵庫では通勤距離も考えて高いロードバイクに乗っていました。今は景色を楽しむために、楽に乗れるMTB乗りです。宅配買取でコルナゴを手放し、同時にMTBと交換する形で入手しました。

愛車を売る場面での最大の問題は、長崎には自転車乗りが少ないことでしょうか。ニーズがそこまでありません。つまり買い取り業者が少ないということです。そこでネットで調べて幾つかの業者に尋ねてみました。もちろん買い替えの相談も込みです。一社に絞り込んで発送用のダンボールを送ってもらい、一部を分解してダンボールに収納して発送しました。

買取り価格と新しいMTBの購入価格(こちらは事前に伺っていたので知っていました)の差額を口座に振り込むということで合意しました。現在は手元に届いており、休みの日にはサイクリングにでかけています。

まあ、発送してから電話があるまで数日ありましたが、事前に電話をして話していたので安心できました。まだ宅配での買取りは一般的ではないみたいですね。ですが買取り業者の少ない場所に住まう者からすると非常に便利です。

しかしこれから利用者が増えてくると詐欺なども増えてくるかもしれません。そういったことも考えて、事前に電話で相談することをお勧めします。宅配買取はこれから一般的な手段に変わっていくと思います。もっと多くの人に知ってもらいたいと思い、宅配買取を利用した感想を書かせていただきました。業者の買い取り制度を上手に活用して、楽しい自転車ライフを送りましょう。