宮崎から愛車キャノンデールを宅配買取

宮崎からでもできた!自慢の愛車キャノンデールを宅配買取

宮崎県はサイクリングには最適で、日本随一の名所だと個人的には思っています。海岸線を自転車でひたすら真っ直ぐに走る。本当に爽快な気分になります。しかし宮崎は雨が多い。実に多い。特に5~6月は梅雨に入り、満足に乗ることもできません。通勤でも使用しており、梅雨の時期は車で出勤しています。

宮崎に住んでいるから初めから分かっていたことですが、梅雨に入ってから自転車に乗らなくなりました。そのまま車通勤に戻り、乗っていたキャノンデールは家で永眠。分かってはいたけど三日坊主の自分には合わなかったということでしょう。

購入時はロードバイクとマウンテンバイクで悩みました。結果的に、あぜ道などの舗装されていない場所でも快適に走れるキャノンデールを選んだというわけです。反省ですね。

次に表れた問題が、乗らなくなったキャノンデールの処分です。自転車を手放すことにしたものの、あまり乗っていない。消耗もそこまでなくタイヤの溝も十分残っています。どうにか換金したいと思い近所の自転車屋さんに相談したものの芳しくなく、ネットで高く買ってくれるところを探しました。

たぶん都会であれば苦労せず見つかるのでしょう。しかし田舎ではそうはいきません。買い取り業者をネットで探していると、宅配買取や郵送買取という方法があることを知りました。「これだ」と思い、手続き方法を詳しく確かめました。

まずは簡易の審査を行います。自転車のメーカーや車種、購入値段、年式、大体の走行距離、交換した部品(保証書などがあれば尚良し)。大まかに言えばそのような感じですね。私も書類を引っ張り出してきて確認し、伝えました。

返答を聞いて驚きです。高価で買い取れるとの返答をもらい、近所の店からダンボールをもらってすぐさま発送しました。しかも送料は着払い。少しだけ輸送時の事故が怖かったのですが、無事到達したらしく希望通りの高値で買取っていただけました。

もし自転車を処分しようと思っている方がいるのなら、宅配買取や郵送買取を一度検討することをお勧めします。全国で対応しているところも多くありますし、宮崎のように九州の端にあるところからでも発送は可能なようです。

実際にできたので可能なのですが、それぞれの業者により自転車の価値によっては配送料金を徴収する場合もあります。もっとも買取り価格から差し引かれるだけですので支払う必要はありません。買取り不可の自転車もあるかもしれませんが、是非試してみてください。